自分、人間向いてないんで

社会不適合者の人生消化試合ブログ 生きるの向いてない

そろそろ見切りを付けるべきかもしれない

うつ病は波打ちながら少しずつ改善していっているようだけど今年度中に修論を書くというのは無理な気がしてきた。この考えが妥当なものかあるいは精神の不調で悲観的になっているだけなのかは私にはわからないが、少なくとも現状で論文に書けそうな結果は得られていない。まあこの時期に論文書き始めている人は少ないとは思うけど私はそもそも頭が回らない状態なので研究がまともにできていない。一般にうつ病のときは中退など大きな決断は避けるべきとされているので選択肢としては休学するかどうかといったところだと思う。ただ医者には特に何も言われていないので本当にそれが正しいのかよくわからない。ゼミはオンラインなのでブロンODなどで無理矢理気分を上げたりして誤魔化し続けていたがそろそろそれも打てる手が尽きてきた。おそらく近いうちに破滅するだろう。まあそのときは楽に死ねたらいいな。少なくとも私は祖父母を見送ったことで最低限の責務を果たしたと考えている。これはただの欺瞞かもしれないがそれでいい。少なくとも私が死んで不利益を受ける人間はもういない。まあ私のことだし学部時代散々留年すると騒いでいながら普通に卒業したりしたように何だかんだのらりくらりと躱すのかもしれないが。でもまあもう何もかも終わってほしい。今日寝たら二度と目が覚めない。そんな風にならないかな。ならないんだろうな。