自分、人間向いてないんで

社会不適合者の人生消化試合ブログ 生きるの向いてない

スポーツは基本的に駄目

なんとなく高校以来全く運動してないなとか考えていた。マインドスポーツは好きだが体を動かすことはもう何年もしていない。

私は高校のときの体力テストで実質最下位になるレベルで運動が苦手である。体育会系のノリが嫌いだったりで運動部に入らなかったのが一番の理由だと思う。小学生の頃は意外と友達と野球やサッカーをして遊んでいた。当時は運動について他人と比較して特別劣っているわけではなかった。興味ない人も含めればむしろその2つについてはわりかし上手い方だったと思う。ただ基本的にはスポーツには縁がなかった。私が人生でまともにやったことがあるのはせいぜい水泳くらいで、競泳の4種が出来て確か1-2km泳いでいた感じだ(時間の都合でそれ以上は試したことがないので不明)。ただ特別習っていなくてもそのくらいならノリで出来る気はする。知らんけど。

中学ではどうだったかあまり覚えていないが、体育で何回かケガしたり体育教師とは周波数が合わなかったので記憶から抹消されたらしい。日本語では「波長が合わない」というが、合うと共鳴するのは周波数なので科学的に正しいとはいえない。そういうとこだぞクソナード。

義務教育を終えてからは知人がいない高校に入った。部活には入らなかったし入学直後からよくさぼったり、人付き合いを避けるようになったりで案の定すぐぼっちになった。そんなだったけれどなぜか周りは基本的に良くしてくれたので今となってはありがたかったと思う。「2人組作れ」というぼっちを殺す呪文があるが、誰かしら組んでくれたり、もう1人のソロプレイヤー(ちなみに彼はとんでもなく運動神経が良かった)と組んだりしてあまり問題にならなかった。時々ぼっちになることもあったがそのときはネットしたり、体育館ステージの天井裏にスネークしたりして過ごした。何やってんだ。

そういえばそんな感じでしばらく過ごしていたら体育でソフトボールをすることになった。小学校のころ野球して遊んだ夏休みを懐かしんでいたら悪目立ちして死んだ。私はクロスドミナンス(動作によって利き手が異なる)というと大袈裟だが、まあ基本的には右利きだがバットやゴルフクラブとか何かを振り回すときとかはなぜか左の方がやりやすかった。打順が来て何も考えず左打席に入ったが投げるのは右なので珍しかったらしい。というか私しかいなかったし。まあ昔とは違い金属バットは非力な私には重く、特に打てたわけでもなかったので変に思われただけだった。また自覚がなかったのだが、昔の名残か私は無駄に肩が良かったためレフトを守らされてしんどかった。山井のアレ↓みたいなことをやらかしたわけではないが、ボールが飛んでくる度に「いや野球部いるだろ」と思った。

f:id:Slumberer:20190703024011g:plain

あと関係ないけれど気が向いたら夏コミ行こうかと考えている。ただまだ調べてないのでどうするかは未定。まあ行けば何かしら面白いものはあるだろうけれど。

それからそろそろ今学期も終わるのでレポートとかテストとかのことを考えてたら鬱病になった。休学してマレーシア行きたい。