自分、人間向いてないんで

社会不適合者の人生消化試合ブログ 生きるの向いてない

最優先事項はエロゲ

夏休みは終わったが相変わらず体内時計が狂っていて昼を過ぎても起きれず、講義に現れないことを同期の人が不思議がっていた。寝てただけです。あとちゃんとTAに行けるのか教授がかなり心配していた。まあ研究室に泊まっているので寝てたら起こしてください。そういえば秋になってからもう1人の住人と邂逅していない。単位全部取ったのかもしれない。また院は講義が少ないのと私の専攻は実験がないので完全週休4日になった。学生というよりもはやひきこもりの方が近い。まあ拘束時間がないだけで勉強はしないとアレだけど週3なら最悪徹夜とかでなんとかなるかもしれない。しかし生きるの苦手すぎる。

地味に夏休みから潔癖症を治そうと試みていたがその間全く勉強やエロゲが進まず断念した。強迫性障害の治療には主にSSRIが使われるがいずれも20代前半とかだと合わないことが多いらしく、私の場合は吐き気などの副作用は抑えたが賦活症候群だけは無理で常に落ち着かず他に安定剤など何を使っても駄目で全く勉強が進まなかったので卒業を優先することにした。しばらく使っていれば慣れると聞いたが全然駄目だった。よくも騙したアアアア!!(AA略) はてなってAA使えないのか初めて知った。潔癖症(と確認行為)に対しては一定の効果は得られたが留年するのはまずい。学校で手を消毒したりしていると変な人と思われるだろうけれどすでに研究室に住み着いたりして変人扱いされているので問題ない。そういえばマジックマッシュルームに含まれる幻覚剤であるシロシビンは強迫性障害に効果があるらしいので解禁してほしい。べ、別にサイケ体験したいわけじゃないんだからねっ!まあわりかしマジで困ってるので違法でも何でも良いからなんとかしてほしい。