自分、人間向いてないんで

社会不適合者の人生消化試合系日記

不労所得くれ

最近はpantslessnessという謎単語を見て爆笑した。YoutubeでSABATONの曲にストパンの動画を付けたAMVのコメントにあったのだが、英語圏の人でも使う機会は「前の車を追ってくれ」レベルでそうないだろう。ちなみに私の座右の銘は「働いたら負け」と「パンツが見たいんじゃない、パンチラが見たいんだ」である。

 

さて私は相変わらず労働意欲がないが、いずれは何らかの形で収入を得ることを迫られるのが宇宙の法則らしい。早くアスペの診断をもらってナマポと障害年金を申請しなければ。仮にアスペだったとしてそれだけでもらうのは難しいらしいが。

まあそれはともかく、私は交際費や洋服代が大抵0で手取りで月20万もあれば余裕で暮らせるのでその辺りを目指すことになるだろう。働きたくないけど。実際現在の生活費は月15万程度なので20万もなくて良いかもしれない。とりあえず私はいつ死ねるのか不明だが最終的には結婚することなく孤独死して無縁仏として共同墓地に埋葬される未来なので月20万で充分である。墓石などはアイスの棒で十分なので死んだら誰か「釘宮病患者ここに眠る」とでも書いて立てておいてほしい。

手取り20万だと額面では24万程度で、ボーナスなしとすると年収288万になるらしい。私にとって300万は大金だが世間では特に高収入ではないらしく、実際修士卒の初任給が平均23.4万(中央値は知らね)らしいので院に行けば達成できると言って良さそうである。まじかよ目指せ年収300万。また都合の良いことに私の大学の平均年収はわりかし上位に入っているようなので意外と狙えるのかもしれない。まあ院試落ちたし二次募集受かって就職したとしても2週間持つ気がしないから意味ないけど。結局理想通りにはならず現実は最終的に山谷か樹海送りになっていそう。